家庭を築きたくなる|親近感の持てる婚活|30代の婚活は結婚相談所の利用がおすすめ

親近感の持てる婚活|30代の婚活は結婚相談所の利用がおすすめ

家庭を築きたくなる

つないだ手

時間を賢く使う

メンタル・フィジカルともに鍛えることができるのも遠距離恋愛の特徴で、恋愛や結婚での失敗談に多い、我慢が必然的に養えています。遠距離恋愛に発展した際、多くの場合、女性側が結婚に対する願望が強くなる傾向です。また遠距離も比較的、男性側の転勤などのビジネスでのパターンが多い特徴があります。結婚したい気持ちと裏腹に、距離の問題から、互いを知るまでに時間が掛かるために長期戦となるのも事実です。女性はこの間、経済的にも自立できるスキルを身に付けておくことがポイントです。料理教室や資格取得、趣味を増やすなど、自分磨きの時間が遠距離の場合には作れます。女磨きも同様で、恋人ではなく生涯のパートナーとして側に居て欲しいと思わせる時間の使い方・待ち方も結婚を意識するための得策です。

家庭的な面

長続きしないイメージが根強く遠距離恋愛では、相手に結婚したい気持ちを表側に出させる必要があります。例えば、遠く離れているため、気持ちが離れないようにコミュニケーションを取る連絡は欠かせないものです。しかし、男女間での恋愛心理には違いがあり、こまめな連絡を苦手とするのは男性の恋愛心理です。忙しい・話題がないなど、毎日であればめんどくさい深層心理が働きます。ポイントは、おはよう・お帰りなさい・お疲れ様などの一言で、家庭を連想させるワードに留めることで気持ちの負担軽減に繋がります。また、遠距離恋愛では特に男性にとって、疑似体験が重要です。遠距離では相手に会いに行く機会も出てきますが、この場合に過保護になりすぎない程度の家事を行い、結婚生活のポジティブな面を見せることです。恋人ではなく母親に近い家事など、ネガティブな面を見せてしまうことには注意し、距離を縮めることも結婚をイメージさせられる重要な点です。